SDGsに対する基本的な考え方

水により生まれた豊かな地球環境と共に生きよう

水族館は、水の環境とそこに生きる生物達をご覧いただくことを通して、環境や生命の多様性を訴え、人々の生活に潤いを与え、そして、未来の地球環境を考えるきっかけとなることを目指して展示活動を続けています。水の環境とそこに生きる命をメッセージとしてお見せすることができるのが水族館と言う施設です。

  • 水の存在により地球に多様な生命が存在している事を認識し、地域の水環境と生態系を守ることの大切さを知るきっかけを作る
  • 地球と地域の環境の未来は、そこに生きる生物や私達自身の未来だという事を伝える

※SDG 持続可能な開発目標=開発によって何かを失うのではなく、未来に繋げる開発を進めるための目標

14 海の豊かさを守ろう 15 陸の豊かさも守ろう

そこで、江ノ島マリンコーポレーションが取り組むSDGsは

SDG14と15では海の豊かさと陸の豊かさを守ることをそれぞれに訴えています。
江ノ島マリンコーポレーションは、海洋環境と陸水環境の双方に係る施設である新江ノ島水族館と世界淡水魚園水族館、相模川ふれあい科学館を運営し、地球の環境は、水が海から空へと広がり、陸となる森林に降り注ぎ、河川となり再び海へと続く水の循環により保たれていること、そして、その環境とそこに生きる多様な命の大切さを伝えています。

ページの先頭へ
  • 新江ノ島水族館
  • 世界淡水魚園水族館 アクア・トトぎふ
  • 相模川ふれあい科学館 アクアリウムさがみはら


Copyright © 2010 Enoshima Marinecorporation All right reserved.